MENU

キャッシングは金融機関の種類別に比較

  • 「このキャッシングのほうが金利は低い!」
  • 「振り込みキャッシングいつでもOKなら、もうピンチにならないからこっちのキャッシングにしようかな。」

とキャッシングの比較を進めている段階ですか?
比較する時には、必ず金融機関の種類に分けることを忘れてはいけません。

 

振込キャッシングや、ATMでのキャッシングなど借入方法は、どのキャッシング商品でも似ています。また、金利や限度額などにも大きな違いは感じないのではないでしょうか。

 

ですが、金融機関を分類しておかないと、総量規制の問題を無視することになってしまいます。借りられる額や、申し込みできる方が違ってくる総量規制の法律は、キャッシングする方にとってはどなたにとっても重要なものなのです。

 

年収の3分の1まで借りられる総量規制は、貸金業者を規制する貸金業法の一つとなります。貸金業者とは、消費者金融が代表的なものですね。しかし、キャッシングの中でも、クレジットカードのキャッシング枠は総量規制に含まれます。

 

銀行のカードローンは、総量規制対象外です。限度額の設定は年収の3分の1を超えた額でも可能になります。また、本人収入がない専業主婦の方も申し込める銀行カードローンもあるのです。

 

キャッシングを比較する前に、まず自分が申し込みできる金融機関を把握しておきましょう。最適なキャッシングだと思っても、申し込みさえできなければ意味がありません。また、総量規制対象、対象外いずれでも申し込める場合でも、金融機関の種類ごとに比較したほうがよいですね。