MENU

金利だけ比較してキャッシングすればok?

キャッシングを比較する時、時間がないことも相まってさっと金利だけ比べて申し込み先を決定していませんか?

 

確かに金利は、キャッシングにおいて返済額や返済期間も左右する重要な点ではあります。
しかし、キャッシングの比較は金利だけで行ってしまうことはおすすめできません

 

たとえば、金利は低くても借入や返済のたびに手数料がかかるキャッシングがあったとします。何度かお金が足りない時に借りる、お金がある時に随時返済する、こういった使い方はとても便利なものです。しかし利用回数が増えて、それによってかかる手数料も増えると、結果的には支払う額が大きくなってしまうかもしれません。

 

なにより一律金利になっているキャッシングでないなら、申し込みをして審査を受けてみないと自分に適用される金利はわからないのです。金利が低いと思って申し込みをしたのに、実はもっと別に金利が低いキャッシングがあったという可能性もあります。

 

しかし、金利を知るためにいくつものキャッシングに申し込みをするのはよくありません。
というのは、キャッシングへの申し込み記録は信用情報機関にすべて残されます。申し込み記録がたくさんあると、お金に困っていて返済できないと金融機関が疑う材料となってしまうでしょう。

 

キャッシングの金利だけを比較するというのは、意外と難しいことなのです。
比べる時には、金利以外の要素も併せてトータルで行うようにしましょう。金利はあくまでキャッシングのスペックの一つと捉えておいたほうがよいですね。