MENU

キャッシングの安全性を比較するべきな理由

キャッシングの安全性も忘れずに比較しておきましょう。
必ず安全なキャッシングに申し込む必要があるからです。

 

安全ではないキャッシングには、いくつかの種類があります。
まず、いわゆる闇金などと呼ばれている違法業者です。10日で1割といった利息ならまだましで、10日で3割、7割といった当然返済できない金利を設定しているのが特徴でしょう。

 

一度借りてしまうと完済できないように残高をわざと残したり、押し貸しという方法で勝手に銀行口座に振り込んできたりします。闇金は、少額だからすぐに返せると、安易な気持ちで申し込んでしまうことが失敗のもととなるのです。

 

また、一見したところは大手消費者金融の名称を使っていて、申し込んでみると高金利での貸し付けを行う違法業者もあります。他には有名な企業の名称を勝手に使って、系列会社と思い込ませるような業者もあるのです。

 

「知っているところだから大丈夫だろう。」と申し込むと、返済できないほどの利息がついてきてしまうでしょう。当初に保証金などという名目でお金をだまし取るところもあります。

 

安全でない業者に申し込んでしまうのは、他のキャッシング審査に通らなかった場合に、絶対にお金が必要だからと考えてしまうケースが多いです。違法な業者への申し込みは、一時的にお金を手にすることができても、その後のリスクは大きすぎるでしょう。

 

キャッシングをいくつか比較すると、安全な業者と違法な業者の違いは明白になってくるのです。安全な業者は、金融庁や日本貸金業協会のサイトなどからもチェックできます。